在宅ご飯はUber Eatsに決まり!非対面式で頼んでみた

無形資産
スポンサーリンク

はじめに

最近、コロナウイルスの影響もあり、不要不急な外出は自粛の中でご飯を手軽においしく食べたいと思う方にはUber Eatsがおすすめです。よく見かけるチェーン店のご飯を自宅まで運んでいただき、さらに玄関前においていただくこともできるので不要な人との接触も防げます。

Uber Eatsってなに?

Uber EatsとはUber Eatsに登録されているお店のご飯を一般の方が自転車やバイクで運ぶサービスです。Uberは本社がアメリカで設立2009年であり日本では、Uberのタクシーも近年に見るようになりました。まだまだ若い会社なのでこれからの将来移動手段の提供から一般の方が配達をできることから新しい働き方など素晴らしいサービスを提供してくれる企業になるでしょう。

注文方法

さて、実際にUber Eatsアプリをインストールして注文してみましょう。私が住んでいる地域では、マクドナルドや松屋、CoCo壱番屋がありました。その中で今回の昼食はマクドナルドに決めました!

住んでいる地域によって注文できるお店が異なります

実際のメニューの一部を下記に記載します。2020年5月現在の価格

スパイシーチキンバーガー   
ベーコンマックポークセット
マックフライポテトL
マックフルーリーオレオ
コカ・コーラM
230円
580円
380円
270円
260円

以上のようにいつもの見慣れたメニューの中、私が注文したのはこちら「チキンクリスプ(130円)×6個」えぇ、デブなのは知っていますよ...そんなことより見ていただきたいのは金額です。普段なら110円のハンバーガーですがUber Eatsだと130円です。他のメニューも幾分か上乗せ金額になっております。また、当然ですが配送料がかかります。こちらの配送料も地域によって異なります。

食べたいものを選んでカートに入れたら最後の設定です。

  • 住所の設定
  • 配達オプション(玄関先で受け取るor外で受け取るor玄関先に置く)
  • 支払方法(クレジットカード、ラインペイ、デビットカード)

必要事項を入力したら、注文するを押したら完了です!

配達から実食まで

注文が完了したら次は配達予定時刻の表記があります。しばらくすると配達員の名前顔写真現在地が表示されました。正直どんな人が来るかと不安でしたが、事前にわかるのでとても安心です。また、メッセージを送信することもできるので必要な時は送ることも可能です。配達時間ですが、私の場合注文から30分くらいで家の玄関先に届きました。ちゃんとたどりつけるか私は不安でしたので玄関前に貼り紙「Uber Eatsここです!」を貼って分かりやすくしました。


肝心のハンバーガーですが、温かく冷めていなかったので味も満足です。ですが、やはりハンバーガー6個は調子に乗りました...後悔しています(笑)
食べ終わったら、配達者と店舗に対して評価ができますので、時間があれば評価しましょう。

まとめ

今回初めてUber Eatsを頼んでみましたが、満足のいく結果でした。注文のしやすさから支払方法もキャッシュレス決済で現金のやり取りは無しですし、配達も30分なら自分で買いに行くより時短になっています。確かに配送手数料と商品に対する上乗せ金額については、店舗に行く手間や誰にも会わず買い物ができるサービス料と考えると決して高いものではないと感じます。

最後になりますが、3回目まで注文金額から750円引きになる紹介コードを下記に記載しますのでこの際に使ってみてはいかがでしょうか。750円以下でも使えますのでお気軽に使用してみてください。

紹介コード
eats-lpvpne

タイトルとURLをコピーしました