マイナポイントの始め方・手順は?どの決済サービスがお得か徹底比較!

無形資産
スポンサーリンク

マイナポイントとは

2019年10月より消費税が10%への増税に伴い、キャッシュレス決済のポイント還元が始まりましたが2020年6月をもって終了しました。そこに代わるものとして国が推奨し浮上したのがマイナポイントです。


今後、キャッシュレス決済を進めていきたいという意向を引き継ぎながら、普及の進んでいないマイナンバーカードを連携させることによりお得になるというキャンペーンです。還元率は25%ですので節約・コスパ大好きな私もこの波に乗り遅れないようにしなくては!と感じます。しかし、対象期間や還元上限など条件もありますので最初に確認しておきましょう。


申し込み時期:2020年7月~
対象期間:2020年9月~2020年3月
還元上限:5,000円(お買い物20,000円*25%)
応募上限人数:4,000万人

マイナポイント始め方・必要なもの

マイナポイントを始めるうえで必要なものは

  • マイナンバーカード
  • スマートフォン
  • マイナポイントアプリ
  • 決済アプリまたはクレジットカード

必要なものはたった4つ!ですが一番大変なのがマイナンバーカードだと思います。私も現在作成中ですが、市町村に確認を取りましたが作成まで1~2か月ほど時間がかかるとのことでしたので早めに作成しておくのが吉です。

マイナポイントの始め方手順

フロチャートは筆者作成

[手順1]マイナンバーカード作成
マイナンバーカードは、通知カードの下部に記載されている交付申請書を用いて申請手続きを行います。申請手続きをすることによりマイナンバーカードの作成ができますが受取はお住いの市町村窓口になります。申請手続きは、郵送・スマートフォンでできます。交付申請書を無くされた場合は、市町村窓口で受け取るか、電話で新たなものを発行してもらうことができます。


[手順2]マイナポイントアプリに取得
マイナポイントアプリを取得をしたら、ここではマイナポイントの予約を行いマイナIDを発行をします。この予約にはマイナンバーカードの使用とマイナンバーカードの受取の際に設定した4桁の数字を使用します。


[手順3]選択した決済サービスと連携
ここまで来たらあと一歩です。利用したい決済サービスのアプリを取得したら必要事項を登録したら申し込みの完了です。2020年7月対象決済サービスは、電子マネー、プリペイドカード、QRコード、クレジットカード、デビットカードなど計100以上ありますので気になる方はマイナポイントの事業の公式ホームページを確認していただけたらと思います。


[手順4]決済サービスの使用と還元
9月以降制度が開始になりますので、連携した決済サービスをしましょう。使用すると25%還元を受けることができます。還元時期についてはそれぞれの会社により異なりますので確認しましょう。

どの決済会社を選ぶと良い?

計100以上ある中どの決済サービスを選べばいいか悩むとおもいますが、一番は自分がよく利用するものが良いと思います。それでも迷う方は以下に私がおすすめする3つの決済サービスを記載しますので参考にしていただければと思います。

クレジットカード国内利用者数ダントツ[楽天カード]

2020年1月時点で利用者数が1,900万人を突破し利用者数がトップの楽天カードです。こちらを選択する上でのメリットは場所を選ばずどこでも使用できるところです。現在お店で購入するときにクレジットカードを利用できないお店が少なくなってきています。


また、物を購入することで楽天ポイントとして25%還元がされますがこのポイントの使いやすいのでメリットの一つです。ちなみにポイントの付与のタイミングは利用金額の累計額が20,000円に達した月の翌々月25日となります。

現金チャージで還元される[PayPay]

QRコード決済の代表格ともいえるPayPayです。楽天カードに比べると使用できる場面は少なくなるかもしれませんが、その楽天カードよりも優れた部分があります。それは、購入せずとも現金をチャージするだけでPayPayボーナスポイントとして還元されます。実際購入するものが無くても、還元の恩恵を受けたいという方にはおすすめの決済のサービスになります。また、ポイント付与のタイミングは即日ですので楽天カードに比べて還元を確実に・早く受け取ることができます。

驚異の還元率30%!?「メルペイ」

フリマアプリの代表格メルカリの決済サービスです。上記2つの決済サービスに比べると利用できる場所も少なく、現金チャージしても即日ポイントをもらえるわけではありません。しかしながら、メルペイは他とは異なり驚異の還元率が30%となっております。マイナポイントは25%の還元率とメルペイ内で本人確認をするだけで+5%の還元がされます。少しでも多くの還元の恩恵を受けたい人にはおすすめの決済サービスです。還元時期は支払完了の翌日となっております。

まとめ

手続きに時間がかかることはありますが、還元率が25%とお得になるマイナポイント制度は確実に損がなくお得になる制度です。還元時期には期限がありますので注意して行動しましょう。また、対象の決済サービスにもそれぞれ還元率やポイント付与のタイミングやポイントの有効期限など独自で決まっているので選択する際は条件を確認しましょう。


先日、2020年5月には通知カードの有効期限が終了しました。まだ当面の間はマイナンバーを証明するものとはなってはいますが、いつ完全に無効なものになるかもわかりません。この機会にマイナンバーカードを作成してお得な制度を活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました