[FASS試験]経理必須資格でAランク取得の勉強方法

無形資産
スポンサーリンク

はじめに

この記事を見てるあなたはこれからFASSの試験を受けるまたは検討中とのことでしょう。

私も先日FASSの試験を受けてきて700点で最高ランクのA判定となりました。

動機としては経理としての知識をより深めたい、まだまだ経理として経験は浅いが力試しをしたいと思ったのがきっかけです。


人によっては会社からの推奨であまり乗り気じゃない方もいるかもしれませんがこの試験を一言で表すと経理財務の基礎が詰まっている試験です。

今回、試験を受けるにあたって私が使用したものや体験談を以下に記載しますので参考にしていただけたら幸いです。

FASS試験概要

そもそもFASS試験とは

日本CFO協会が主催となっており、経済産業省から「経理・財務サービス・スキルスタンダード」の普及のため受託し2005年より実施している試験になります。

一般的に知られる簿記検定とは異なり実務に則した試験であり業務活かせること面があります。

試験内容

試験期間は二期制に分かれており、上期、下期それぞれの期間内ならいつでも受験することはできます。

ただし同期間内の受験は一度のみです。
上期:5月1日~7月31日
下期:11月1日~翌1月31日


試験金額:一般10,000円(税抜き)、日本CFO協会法人会員8,000円(税抜き)
結構価格が高いので万全の状態で挑むようにしましょう。

出題範囲は大きく分けて「資産」「決算」「税務」「資金」の4項目となっております。

資産:売掛債権管理、買掛債務管理、在庫管理、固定資産管理、ソフトウェア管理

決算:月次業績管理、単体決算業務、連結決算業務、外部開示業務

税務:税効果計算業務、消費税申告業務、法人税申告業務、連結納税申告業務、
   税務調査対応

資金:現金出納管理、手形管理、有価証券管理、債務保証管理、貸付金管理、
   借入金管理、社債管理、デリバティブ取引管理、外貨建取引管理、資金管理

出典:経済産業省 経理・財務人材育成事業 公式サイト

試験時間は90分であり、試験問題は4択問題で合計100問となっており1問にかけれる時間は1分もありません。

また、試験会場のパソコンで受験するので「ペンを持って答える」スタイルとは異なりますので違和感ある中での受験になります。


満点は800点で合否はありませんが、TOEICのように点数によってランク付けがされます。目安としてはランクCが簿記3級とも言われています。

また、大手上場会社の経理では、昇進のためにA・Bランクは必須など定めている会社もありFASS試験の重要性が窺うことができます。

A:689点~800点(87%~100%):経理・財務分野について、業務全体を正確に理解し、自信をもって経理・財務部門の業務を遂行できるスキルをもっている。

B:641点~688点(81%~86%):経理・財務分野のほとんどの業務を理解し、業務を遂行できるスキルをもっている。分野によって、知識の正確さに個人差があるものの、業務を妨げるようなこと はなく、適切に対応できるスキルをもっている。

C:561点~640点(71%~80%):経理・財務分野について、日常の業務を行うための基本的なスキルが身についているが、自己の経験以外の業務への対応力について差が見られる。日常の業務であ れば、業務を理解して、支障なく対応できるスキルをもっている。

D:441点~560点(56%~70%):分野によって、知識の正確性に差があり、不十分な部分が多いが、支援を受けながら、最低限の業務を行うスキルをもっている。

E:0~440点(0%~55%):経理・財務分野について、部分的にしか 理解できていない。今後の努力を期待する。

出典:経済産業省 経理・財務人材育成事業 公式サイト:試験結果の評価区分

FASS試験対策 おすすめテキスト

一番大事!経理・財務部スキル検定公式学習ガイド

こちらの問題集は試験を受けるうえで一番大事な問題集です。公式から出版しているだけあって本番の試験問題に類似または同様の問題が体感ですが4~5割出題されます。

問題集の中身としては、見開き左ページに問題の記載、右ページに答えの記載があり見やすく構成されており全部で300問収録されております。


購入は公式サイトのみ可能で、価額は2,500円(税抜き)となっております。

はじめて受験する方は、受験チケットと問題集のセット購入をおすすめします。それぞれ単品で購入するより1,500円安くなっています。

学習テキスト:経理・財務実務マニュアル

問題集を解いていくうえで問題集の解説だけでは理解できない時もあります。そのときに使用するテキストがこちらになります。本誌自体FASS検定Bランク以上に対応するよう作成されており、金額は一冊3,200円(税抜き)と少し高めですが試験終了後実務でも使用することができるので所持していて損がない商品です。

問題不足を解消!FASSスピード問題集

一番初めにも公式問題集を記載しましたが、正直に話すと公式問題集の問題数だけでは少なく不安ですFASS試験には過去問題集は存在しませんので、合格のためにできることはいかに多くの良質な問題数をこなすことです。


こちらの問題集は、FASS試験の公式「日本CFO協会」認定であり、FASS試験Bランク以上の取得を目的に作成されていますので公式問題集より難易度が少し高めです。問題数は全270問程度であり、金額は1,600円(税抜き)となっております。

FASS Aランクまでの勉強時間・勉強方法

勉強時間は一日あたり1時間行い、さぼることもありましたので一週間あたり5時間程度しか勉強をしていませんでした。

しかしながら、勉強するからには暗記ではなく理解して試験に挑みたかったので勉強期間は5か月近くかけました。

一週間5時間だとしても1か月20時間5か月で100時間

このくらい時間をかけると上記で記載した二冊の問題集の内容は問題を見ただけで答えが思い浮かぶくらいになりますし、一冊の問題集を解くのも一日あればできるようになります


勉強方法は、公式問題集とスピード問題集をひたすら解くことです。

わからない問題は問題集の解説やテキストで調べて理解深めることです。最初はわからない問題ばかりで嫌になります。

問題の中には日本語おかしくないか?と思うこともありましたが2,3周繰り返すうちになんとなくですがわかってきます。

私の場合は経理経験もそこまで多くないので結局問題集7周して試験に挑みました(笑)

ここまで繰り返して問題集をやったのは初めてです。

FASS試験当日

試験当日の持ち物は、身分証明書のみあれば大丈夫です。

腕時計は私が受けた会場ではアナログ時計はOKでしたが、デジタル時計はつけることができないと言われていました。

試験自体PCで解いていくので画面上に時計や残り時間が表示されるので、腕時計は必要ないかと思います。


問題は「後で見直す」というボタンがありますので、とにかくわかる問題から解いていきましょう

一問にかけられる時間は1分もないので時間との勝負です。

無事に解くことができたら、終了ボタンを押しますがその場で点数がでます。結構緊張します...

まとめ

これから経理の仕事をしようとしている方、実際に仕事をしている方には今後のキャリア形成のためにも受験されてはいかがでしょうか

まだできてから若い試験なので簿記ほどメジャーな試験ではありませんが、今後実務の理解度を図るの試験として導入されていくと私は考えています。

この手の資格試験は年数が経つにつれ法改正や問題範囲の改定など徐々に難易度が高くなると思いますので気になったら早めの受験をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました