【DIY初心者】DCMホーマックのドリルドライバー・丸ノコで食器棚を改変!

有形資産
スポンサーリンク

はじめに 長年使った食器棚を捨てる? 否…DIY!

みなさん、こんにちは。

試験勉強で忙しくブログ更新ができませんでした、大口です。

試験結果については、違うブログ記事で書くとして今回の内容は以前より進めていた「マイホーム計画」の続きです。

マイホームが欲しいといい続けやっとのことで購入し、引っ越し準備をしていく中でおきた出来事があります。

それは「食器棚が邪魔すぎる

新居ではとても立派な食器棚があるので今まで使っていた数年前に購入したニトリの食器棚が必要なくなりました。

ただし、「普通に粗大ゴミとしてだすにもお金はかかるし、そもそもまだ綺麗なのでもったいない…

考えた末に、「DIYをして生まれ変わらせよう!」と思い最終的にはぬいぐるみBOXを作ってみました!

自分で言うのはなんですが初めての割にはよくできて、可愛くできていますので最後まで見ていただけると嬉しいです٩( ‘ω’ )و


【DIY初心者】使った工具

今回使った工具は全てDCMホーマックで揃えました。

色んなホームセンターやネットショッピングで電動工具が販売されていますが、安くはない商品ですのでなにかあったときのために実店舗がある方が安心できると思いホームセンターで購入することにしました。

また、ホームセンターといってもいろんなブランドがありますがわたしが店舗を見て回った中で、電動工具バッテリーを共有できて一番安いブランドがDCMホーマックでした!

そして購入した電動工具はこちら

  • 充電式ドリルドライバー
  • 充電式丸のこ

・充電式ドリルドライバー(税込8,778円)

収納ケース、ドリルドライバー、共通バッテリーが付属しています。

見た目も白・黒ベースでカッコイイデザインです!

トリガーボタンを軽く押すとライトも光ります。

またドライバー強さを切り替えができるトルク調節も17段階もあり、安いからと言って性能が低いわけではありません。

充電もバッテリーを充電器に挿すだけなので簡単なのはGOODです。

・充電式丸のこ(税込4、928円)

丸のこ本体、木くずを放出する部位、直角に切るための金具が同梱されています。

こちらのデザインも白・黒を基調としたカッコイイデザインです。

また丸のこにはバッテリー別売りですが、先述したドリルドライバーのバッテリーと共通して使えます。

のこぎりなので安全性が重要ですが、歯の部分には部品が囲われておりますし、誤ってトリガーを引いても大丈夫ように通常ロックがかかっています

使用時はロックを解除(○部分を押す)しないとトリガーを引けない仕様になっています。

ほかにも、細かい部分でねじや穴あけビットを購入していますが詳細は割愛させていただきます。


【DIY初心者】食器棚改変への工程

使う工具を紹介したとこで、今回の改造する食器棚はこちらです。

すみません、上と下に扉がついていたんですが写真を撮るのを忘れてしまいました…

正直このままでも使えるには使えますが、大きすぎるので小さくするのが目的です。

とりあえず、すべての部品を分解して広げてみます。

必要な部品を集めてサイズを決めたら、あとは丸のこで切るだけです。

大事な切れ味は「抜群」です。

最初の部分、歯の当て方を間違えてしまい欠けてはいますが、それ以外はまっすぐに切れています(^^)

この調子で木材を切り、ドリルドライバーで接合していきます。

そんなこんなで出来上がった、ぬいぐるみBOXがこちらです。

いかがでしょうか。

最初の食器棚上部を切断し組み立てました!

上の隙間が少し気になりますが切断部分を隠すためにも必要でしたし、後述しますが意外にもこれが活躍します(笑)

数年しか使っていないので綺麗ですし、元々は食器棚なので重いものを置けるように作られているためしっかりしています。

そして、こちらにぬいぐるみを詰め込んだものがこちらになります。

大きいものから小さいものまでさまざまなぬいぐるみたちが今回作ったぬいぐるみBOXに収納されました٩( ‘ω’ )و

ぬいぐるみってふつうにかざると場所とりますよね。

だからって簡単に捨てにくいのでひとつにまとまってスッキリしました。

また、上の隙間部分ですがカチューシャを入れておくのにちょうどよく、薄いものを収納するのに優れていますので結果オーライでした!


まとめ 愛着がますます湧きます

いかかでしたでしょうか。

通常だったら食器棚を粗大ゴミとして捨ててしまえば1、000円近くしますし、ぬいぐるみの棚を購入すると5,000円程度します。

今回、工具の購入費用で14,000円ほどかかりましたが、今後もDIYをやっていくと考えると初期投資として全然アリだと感じます。

自分で購入しておきながら一番安いということで、性能面や安全性、使いやすさに不安はありましたがまったくその心配は無用でした

もっと大々的に大きいものを作りたい人ならもっと大きいパワーのあるドライバーや丸のこが必要かもしれませんけどね。

お金の部分も大事ですが今まで使っていたものをもう一度違う形で使うことができるので愛着がとても湧きます。

わたしの中で物は「壊れていないものを捨てるのはもったいない」という思いがあります。

よく言えば「モノを大事にする人」、悪く言えば「ケチ」なのかもしれません(笑)

これからも自分で作ったモノでマイホームを素敵に作り替えていきますので今後も見ていただけると嬉しいです。

マイホームを購入したときのまとめはこちらになりますのでぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました(^◇^)

タイトルとURLをコピーしました