[コストコ]コスパ高 CYGNETT薄型モバイルバッテリーがおすすめな3つの理由

有形資産
スポンサーリンク

はじめに 日常使いから旅行まで持ち運びに便利なモバイルバッテリー

みなさん、こんにちわ。

週休二日では全然身体と精神が休まらない社畜サラリーマンこと筆者の大口です。

自分の充電はできなくて、せめてスマホだけは充電満タンでありたいですよね!?

ついうっかり充電せずに寝てしまった場合やスマホの充電バッテリー容量が小さい場合に便利なのがモバイルバッテリー。

そこで今回、コストコでコスパが高いモバイルバッテリーを購入してきました。

「モバイルバッテリーが欲しい人」「コストコ商品が好きな人」「ガジェットが好きな人」は最後までお付き合いいただけると幸いです。

[CYGNETTモバイルバッテリー]性能・サイズ・重さ

  • 商品名:CYGNETT Twin Juice Pack
  • 価格:約4000円(税込)
  • 内容量:モバイルバッテリー2個 (1個あたり2,000円)
  • バッテリー容量:10,000mAh
  • 出力:5V3.1A(15.5W)
  • 本体サイズ:136mm×71mm×15.4mm
  • 重さ:202g

バッテリー容量について、よく市販で販売されているのは5,000~20,000mAhのサイズが流通しています。

バッテリー容量が大きいほういい!と思いますが、大きければ大きいほどバッテリー本体の大きさも大きくなるので注意です。

ちなみに10,000mAhでiPhone8を3.8回充電できる容量があります。

これより容量が小さいモバイルバッテリーだと毎日充電する必要がありますし、逆に20,000mAhのモバイルバッテリーだとに1.5倍以上の重さになります。

202gの1.5倍は350g...缶ジュース一本カバンに入ってるって結構重いですよね。

また、モバイルバッテリーを使う時ってどんなときですか

そう、スマホ充電がなくて早く充電したいときですよね。

早く充電できるかどうか見極める基準が出力の「A(アンペア)」です。

普通のモバイルバッテリーなら2.0A前後ですが、CYGNETTなら3.1Aと高速充電タイプとなっています。

[CYGNETTモバイルバッテリー]
他社製品と比較した上での3つのおすすめ理由 

ちょうどいいサイズで、1個あたり2,000円となんとなく安そうなのはわかった。

ただし本当に他社製品と比べて本当にコスパ良いのか?」と思う方がいるかもしれません。

それでは、モバイルバッテリーで有名なAnkerというブランドがあります。

Anker商品の中でも小型なモバイルバッテリー「PowerCore Slim」と比較してみたいと思います。

CYGNETTAnker
バッテリー容量10,000mAh10,000mAh
出力5V 3.1A(15.5W)5V 2.4A(12.0W)
サイズ136mm×71mm×15.4mm149mm×68mm×14mm
重さ202g206g
価格(税込)約2,000円/個(2つセット)約3,000円/個(1つから購入可能)
出力ポート数2個(USB-AとUSB-C)1個(USB-A)

①出力、②価格、③出力ポート数

この3点でAnker商品より優れていることがCYGNETT商品をおすすめする理由になります。

サイズ部分に関してはAnker商品の方が薄いですが、縦方向には長いので好みが分かれる部分かなと思います。

唯一CYGNETT商品のデメリットをあげるなら2個セットで販売しているという点でしょうか。

「1つ使っている間に1つを充電する」「災害用にとっておく」「家族でシェアする」このような目的で使用できるならデメリットもカバーできるのかなと思います。

[CYGNETTモバイルバッテリー]実際使った使用感・レビュー

[CYGNETTモバイルバッテリー]見た目・充電ポート

見た目はシンプルでカッコイイです。

大きさはiPhone12miniとほどんど変わらないほどですが、比べて持った感じはモバイルバッテリーは重いなと思います。

iPhone12miniは軽くて小さくて最高です(∩´∀`)∩

それは置いておいて、モバイルバッテリーの質感はサラサラして触り心地は良い感じです。

また、充電ポートは上部にあります。

真ん中がモバイルバッテリーを充電するポートで、両端ポートがモバイルバッテリーから充電するポートになります。

触っていてすごいなと思ったのが、右にある電源ボタンを押すと前面のディスプレイに残充電が表示されるのでパッと見でわかりやすいです。

[CYGNETTモバイルバッテリー]充電能力

一番大事なのがここ「充電能力」ですよね!

わたしのスマホを30分間充電するとどうなるのか?

やってみたら結果はこちらです。

44%→79%と35%も増えました。(さすが高速充電!)

モバイルバッテリー本体は充電前は残79%から充電後は67%と12%減っていました。

この結果より

  • iPhone12miniを0%から100%にするためには一時間半必要
  • モバイルバッテリー本体の充電は36%でフル充電1回、
     100%あれば約3回近くフル充電できる

単純計算すると上記のことが推測されます。

まとめ 災害時にも備えてひとり1個は持っておくべし!

いかかがでしたでしょうか。

見た目、性能、価格良しのモバイルバッテリーでした!

日常使いの為に使うのはもちろんですが、ここ最近多い災害時のために備えておくこともできます。

なぜならモバイルバッテリーが2個セットですから、万が一の場合でも自分はもちろん家族のスマホの充電は確保できます

もちろん1個だけで十分という方には比較対象で紹介したAnker商品もいいと思います。

私はCYGNETTのモバイルバッテリーを買えて満足です。

これさえあればいつでも大容量で充電ができますからね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました( ^^) _旦~~

タイトルとURLをコピーしました