【盗難防止】3つの鍵・ロックでクロスバイクを守る!管理人実践の選び方と取り付け方

有形資産
スポンサーリンク

はじめに ちゃんと鍵・ロック取り付けしていますか?

みなさん、こんにちは!守りたいものは絶対に守る筆者の大口です。

あなたにとって守りたいものはなんですか?

お金?家族?それとも愛する人でしょうか?

上記はもちろん大事なのはわかりますが、わたしにとっては最近購入したNESTOのクロスバイクも大事なものです。

そのクロスバイクを悪人(盗人)から守るためには鍵・ロックが必要です。

この記事では、「鍵の重要性」「鍵の種類」「筆者も実践中の鍵の取り付け方」を紹介しています。

中でも鍵の取り付け方は、駐輪場での取り付け方について筆者が三日三晩考え抜いた現状最強の取り付けです。

もちろん賛否あると思いますので他にいい方法があれば教えていただきたいです^ ^

ネットで鍵の取り付け方と調べたらたくさん出てくるんですが、大体おなじものや駐輪場での付け方なんて記載ないんですよね

それではさっそくみていきましょう〜!٩( ‘ω’ )و

【クロスバイク】そもそも鍵をつける必要性

どうして鍵をつけなくてはならないのか?

答えはとても簡単で盗難防止のためですが、どれくらい日本で自転車が盗まれているか分かりますか?

警視庁「令和元年の刑法犯に関する統計資料」によると2019年自転車盗の認知数は16万件超えです。

これは一日あたり440件台近くも盗まれている計算になります。

ひどい話ですよね…盗むやつは絶対に許せない!

また自転車が盗まれやすい場所ランキングというのがあります。

盗まれやすい場所ランキング
  1. 住宅(敷地内、駐輪スペース)
  2. 駐輪場
  3. 路上

一見安全と思われる住宅や駐輪場が盗まれやすいなんて意外ですよね。

自宅内で自転車を保管できないなら、鍵は必須ということですね。

上記の1、2位に共通することは「長く自転車放置」しているところです。

ちなみに近年ではコロナ禍の影響でクロスバイクの需要が高まり生産が追いついていない状況です。

そこで「買えないなら盗んでしまえ!」とか考えるやつらもいます。

以上のことから自転車を守るためにも絶対に絶対に鍵は必要なのです!!!

【盗難防止】管理人実践 鍵・ロックの選び方

鍵の重要性がわかったところで、次は鍵の種類・選び方です。

鍵にもたくさんの種類があって、特徴を知ることによって安全性と使いやすさを両立することができます。

*ここでの使いやすさとは自転車への鍵の取り付けの自由度のことを指します。

種類強度重さ使いやすさ
U字ロック
チェーンロック
ワイヤー(ケーブル)ロック
ブレードロックやや軽

・U字ロック

メリット:強度は最強クラス

デメリット:伸縮性がないので離れているものに鍵をつけることはできない+重い

・チェーンロック

メリット:ワイヤーロックよりも強度はあり、長さもあるので括れる範囲が広い

デメリット:重い

・ワイヤー(ケーブル)ロック

メリット:鎖でできているロックと比べると軽い

デメリット:安物はワイヤーが細いため強度が弱いので注意

・ブレードロック

メリット:折り畳むとコンパクトで持ち運びしやすい

デメリット:他に比べると強度は弱め、毎回折り畳む手間が面倒

あくまでも個人的な意見ですが、鍵は長さがあるほど自転車本体(フレーム)とタイヤを一緒にくくりつけたりできますのでおすすめです。

後述の取り付け方でも記載しますが鍵の長さが足りないと一番安全な鍵の取り付け方法「地球ロック」ができません。

これから自転車の鍵を購入する人はチェーンロックかワイヤーロックどちらかひとつは買うのがおすすめです。

ちなみにわたしはチェーンロック1つ、ワイヤーロックを2つ購入しました。

【鉄壁】管理人実践 鍵・ロックの取り付け方

重要な鍵選びを終わり、あとは大事な取り付け方ですがここで間違った取り付け方をすると盗まれます。

盗まれるのは、自転車本体とは限らずパーツも盗まれることもあるので以下にまとめます。

自転車の盗まれる可能性のある部位
  • 自転車本体(部位では無いが跡形もなく一番避けるべきこと)
  • フレーム
  • 前後のタイヤ
  • サドル

そして、わたしが実践中の鍵の取り付け方法はこちらです。

管理人実践法
  1. 前後タイヤをくくるチェーンロック
  2. 後輪タイヤ、フレーム、地球ロック(駐輪場のフレーム)をくくるワイヤーロック
  3. サドルとフレームを繋ぐワイヤーロック

ネットで調べると「ダブルロックをしましょう」と書いてありますが、守るべきところを考えるとたりません!

当ブログでは「トリプルロック」を推奨します。

それではひとつずつみていきましょう。

1.前後タイヤをくくるチェーンロック

使用している鍵はABUS製(自転車鍵界の大手)のチェーンロックです。

ここでは前後のタイヤに鍵をかけてタイヤを守ります。

2.後輪タイヤ、フレーム、地球ロック(駐輪場のフレーム)をくくるワイヤーロック

*地球ロックとは地球(地面、設備)とつながっているものと自転車を鍵で括り付ける方法です。(以下に写真あり)

使用している鍵はABUS製のワイヤーロックです。

このワイヤーロックは盗難見舞金制度があるものなので必見です。

クロスバイクの中で一番高価な部品はフレームなのでワイヤーロックの中でも強度が強めのものを選んでいます。(そのためか結構重いのは難点)

フレームとタイヤそして駐輪場のフレームにくくりつけることにより地球ロックが可能になります。

ただし地球ロックをする鍵は強度が高いのにしてください。

弱いものを選ぶと切断され、クロスバイク本体を持っていかれます

3.サドルとフレームを繋ぐワイヤーロック

最後にサドルになりますが、ここは上記1、2ほど頑丈に守らなくても必要最低限でいいと思います。

サドルを盗むというのは、転売目的よりいたずら目的が強いためです。(すこしでもこの自転車面倒だなと思わせることが大事)

また、現状鍵を3個つけていますがこのサドル鍵だけは付けっぱなしです。

なので軽さ重視のUlacの鍵をつけています。

ただしダイヤルロック部分がとてつもなく硬いので設定が面倒でした。(裏を返せば外すのが大変なので犯人にとっては嫌がる)

まとめ 自分自身で盗難防止をしましょう!

いかがでしたでしょうか。

私の中で自転車の鍵をつけるさいに一番大事なことは、「犯人から見てこの自転車盗むの面倒だな」と思わせることです。

まずは、自分にあった鍵を選び、そして紹介した鍵の取り付け方法を実践してみてください。

正直、毎日2つの鍵の取り付けをするのはまあまあ面倒ですが愛車を守るためには仕方のないことと感じています。

また、自転車には盗難保険という保険もありますが、平均して購入金額の5%が保険料となります。

例えば5.5万円のわたしのクロスバイクでは年間2,750円支払いが必要になります。

正直保険料を支払うくらいならその分で強い鍵を買ったほうがマシです。

盗まれる前提の保険より盗まれないようにすることが大事!

この記事があなたの愛車を守ることに役立ってくれたらとてもうれしいです( ´∀`)

よかったら私の愛車NESTOのLIMIT2についてまとめた記事もあるので見ていただけるともっとうれしいです( ; ; )

最後までご覧いただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました