[大学生必見]銀行から内定をもらうための3つの資格

無形資産
スポンサーリンク

はじめに

はじめまして!筆者の大口です。こちらの記事では、私が実際に銀行に内定をもらうまでの大学生活で取得した資格の中でおすすめのものを記載していきます。
注意:筆者は地方銀行に内定をもらったので、都市銀行等大手金融機関を志望している方には参考に程度に見ていただけたらと思います。


私事ですが、銀行に就職したいと思ったのは、大学二年生の春休みに様々な企業の担当者が来て話を聞く集中講義がありました。そこで、銀行の話を聞き、お金好きだし私も銀行員って響きがいいなというなんとなくの感じで思ったことがきっかけでした。そして下記で記載した資格を取得し準備をした結果地方銀行に入行することができました。また、内々定式では代表挨拶を任されることもあり、事前の研修にも生きてくることが多々ありました

資格の必要性

資格勉強するの面倒だ」と思ったあなた。厳しいことを言いますが、銀行員にはあまり向いていません。もちろん資格がすべてと言いませんが、銀行に入行(銀行に入社することを入行と言います)したら若手のうちは毎月なにかの資格試験を必ず受験することになります。保険や証券、法律、税務、財務、不動産等々記載したらきりがないくらい。仕事しながら勉強は本当にしんどいです…資格を持っていないと商品を販売できない資格もあります。


また、大学時に取得したら、入行後はその資格勉強はしなくて済みますし、取得状況は出世にも影響があります。勉強慣れしておく意味や大学生活で頑張ったことの一つのして履歴書にも書ける資格取得を推奨します。

厳選おすすめ3つの資格

前置きが長くなりましたがこちらで紹介とおすすめ理由を記載していきます。

FP(ファイナンシャルプランナー)

将来の夢や目標に備えてお金の計画を立てるために、家計にかかわる、金融や税制、住宅ローンなどについて幅広く知識を深める資格になります。地方銀行は特に地域に密着したお客様のライフプランに合わせた金融商品の提案をします。そのためにも何でも相談してもらえるために覚えておくべき知識がたくさんあります。


2級以上を推奨しますが、正直私は銀行入行前は3級しか持っていませんでした。

試験日程合格基準出題形式合格率
2級5月・9月・1月6割マークシートと記述30%前後
3級5月・9月・1月6割マークシートのみ70%前後

証券外務員一種,二種

証券外務員は、一種・二種とありますが一種の方が上位互換です。この資格は株式、債券、投資信託や金融関連の法律についての資格であり、金融商品を販売するには必須の資格です。銀行入行したら一番はじめに取得させられる資格だと思われます。


正直なところ私が大学在学中勉強しましたが、聞きなれない言葉ばかりではじめは意味が分かりませんでした。しかし、金融系に特化した資格であるので保有しているだけで、面接官の反応はとてもよかったので、銀行に入行したい!資格で少しでも差をつけたい人には、本気度が伝わるのでおすすめです。ちなみに私は二種を取得し、入行前までに一種を取得しました。

試験日程合格基準出題形式合格率
一種月~金の毎日7割五肢選択45%前後
二種月~金の毎日7割五肢選択50%前後

日商簿記 

簿記を覚えることにより社会人として、売上、原価、経費、利益に対する概念を勉強できます。数字の管理をできる人は、営業でも事務でも活かせます。また、汎用性も高く銀行以外でも様々な業界、業種で評価されている資格です。その証拠にリクルートキャリア調べで「企業が求める資格第1位」が日商簿記2級となっております。(日商簿記1級は7位)


もちろん級は高いほういいですが、1級だと税理士資格の登竜門と呼ばれるだけあって難易度と時間がかかりますので、2級がコスパ高くおすすめです。私も面接までに2級を取得しました。

試験日程合格基準出題形式合格率
2級2月・6月・11月7割記述式25%前後
3級2月・6月・11月7割記述式50%前後

最後に

世の中様々な資格がありますが、今回は銀行内定に特化した資格をご紹介させていただきました。もちろん、資格がすべてとは言いませんが、大学生活で頑張ったことと資格勉強で学んだ知識は今後の人生で無駄にはなりません。なりたい自分を想像しながら就職活動を頑張ってください!皆さんの幸運をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました