[神泡]アサヒ生ジョッキ缶で外飲み気分!普通のアサヒビールと飲み比べレビュー

有形資産
スポンサーリンク

はじめに 売り切れ続出!?アサヒ生ジョッキ缶

みなさん、こんにちわ!

毎日お酒飲むほどだいすき社畜サラリーマンこと筆者の大口です。(次の健康診断が怖い...)

お酒っておいしいですよね~

みなさんはお酒なにがすきですか?

とりあえず「生」っていう機会が某流行風邪のせいで最近では少なくなって悲しいですが、

生ビールって良いですよね~

ジョッキに入って、泡とビールの黄金比ってテンション上がりますよね!

外で生ビールを飲みにくい今、アサヒから「生ジョッキ缶」が発売されました。

この新商品人気殺到過ぎて出荷停止になるくらいです。

今回、近場のコンビニでGETできたので、普通のアサヒ「スーパードライ」と飲み比べしていきたいと思います。

「ビールが好きな人」「生ジョッキ缶ってどんなものか気になる人」は最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

アサヒ生ジョッキ缶の概要・仕組み

発売日:コンビニエンスストア2021/4/6(火)~
    全業態2021/4/20(火)~

内容量:340㎖

価格:219円

アルコール:5%

普通のアサヒ(スーパードライ)も価格219円と同価格になっています。

お気づきの方もいるかもしれませんが、普通のアサヒであれば350㎖なので10㎖少なくなっています。

泡が出る仕組みはアルミ缶の中に凹凸をつけて加工しているとのこと。

↓は缶の中ですが、パッと見た限りはつるつるしてそう。

この仕組みを作るのに4年間もかかったらしいので相当な苦労が伺えますね(;^ω^)

アサヒ生ジョッキ缶飲んでみた感想

それでは飲んでいきましょう!

まず一目でわかるのが、開け口がまん丸!

開けてみると...すぐに泡が出てきます。

もこもこと泡が膨れてきます。放置していると溢れます(笑)

てか、この開けた後の蓋どうしたらいいの...邪魔すぎる

飲んだあとは缶の中にいれて捨てるとのことだが飲んでる間はどうしようできない...

蓋は気にせずにとりあえず飲んでみた感想は「」(笑)ビールまで届きません(笑)

生ジョッキ缶の楽しみ方
  • 温度によって泡立ちが変わるとのことで、飲み頃は4℃~8℃
    冷たいところで冷やしすぎると泡が少なくなりますので注意

  • 泡が足りないと感じるなら、缶を手で包むと泡が出やすくなるとのこと

しかしこの泡、きめ細かくてまさにジョッキで飲んでいる気分になれます。

気を取り直してゴクリ..ぷはーっ 身体に染みますね!

飲み口が丸くなっているのもジョッキみたいでゴクゴク飲みやすいです。

キレのあるすっきりした味はまさにアサヒスーパードライを感じました。

飲み口部分はすこしザラザラしてはいますが、安全に配慮された「ダブルセーフティー構造」という日本独自技術使われているそうです。

折角なのでアサヒスーパーも飲みくらべて感じたことまとめてみました。

生ジョッキ缶スーパードライ
キレのあるスッキリとした味わいキレのあるスッキリとした味わい
のどごしなめらかなのどごしガツンと重いのどごし
アルミ匂い無したまに感じることも有り
その他飲み口が大きいので飲みやすい
(すぐ飲み終わる)

味はアサヒスーパードライを受け継いでいながらも、のどごしや匂いを生ジョッキに近づけて飲みやすくしたものが「生ジョッキ缶」だなと思います。

注意点としては飲みやすいからって普段以上に飲んじゃうのか怖いところです。

お酒は容量を守ってたのしく飲みましょう(∩´∀`)∩

まとめ

いかかがでしたでしょうか。

ジョッキ缶という名前ですから、持ち手も欲しいなと思ったのが率直な感想ではありますが、味や泡の雰囲気は「ジョッキ」に近い感じがしました。

また内容量は10㎖ほど普通のアサヒに比べて少ないですが、缶の内部や飲み口に通常より多くの加工がされている分仕方がないのかなと思います。

ビールを飲む人ならわかると思いますが、ビールにとって泡は大事ですよね。

いままでのアルミ缶では体感できなかったビールを「生ジョッキ缶」ではできます!

お店で飲むと500円以上する生ジョッキがお家で216円で飲めるなら結構コスパ良いですよね。

自分で炭酸水を作ってハイボールを作ることならできますが、ビールは絶対に作れませんので買うしかありません。

みなさんもモコモコと出てくる泡を体験してみてください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました( ^^) _旦~~

タイトルとURLをコピーしました