[初心者]コスパ重視Apple Watch SEなにができる?おすすめバンド・機能レビュー

有形資産
スポンサーリンク

はじめに:ビジネスシーンでも使えるスマートウォッチが欲しい!

みなさんこんにちは、筆者の大口です!いまだにiPhone7を使用しておりそろそろ限界を感じているこの頃です。そろそろ買い替えようかな…

そんなことはさておき私、スマホはいつもサイレントモードで持ち歩いているんですがとにかく通知に気づきません

メールやLINEの通知程度なら即レスしなくていいんですが、宅配便や業者からの電話に出ることができないのは不便を感じておりました。折り返しって面倒ですよね…相手が出ない時や担当者がいないときも多々ありますし。

なので通知がすぐにわかるスマートウォッチが欲しいと思っていました。

数あるスマートウォッチの中で一番メジャーであり、ビジネスシーン、プライベート、運動この3つのシーンで使用できるのがApple Watchです。

先日新商品として6とSEが販売されたApple Watchですが、SEは29,800円(税抜)と今までのAppleの新商品としてかなり安い部類に入ります。

しかし、3万円は他のスマートウォッチよりははるかに高いです。

今回、使ってみて3万円の価値があるのかまとめていきますので、これから購入を考えている人は参考にしてください。

商品概要

購入したApple Watchの詳細と附属品

商品名:Apple Watch SE
サイズ:40mm
素材:スペースグレイのアルミニウムケース
バンド:ディープネイビーのスポーツバンド

Appleの公式で購入するとこのような無地の箱で届きます。箱の中にはあの🍏マークの付いたきれいな箱があらわれました。

さらに箱を開いていくと時計本体と充電器、バンドの大きいサイズと小さいサイズそれぞれが入っています。

今回、アップルウォッチのバンドでソロループが新発売されましたがサイズが合わないという声が多々あります。

それに比べたらスポーツバンドはサイズに合わせて2本のバンドが付属されているのでサイズ間違いは防げます。

充電器は時計本体の裏側にくっつけるだけなのでとても楽です!

サイズは40㎜と44mmが発売されていますが大柄な男の私でも40mmで十分な大きさです。

腕の幅に対して時計本体とバンドの見える範囲が綺麗です。44mmになると本体が大きすぎるかと思います。

Apple Watch本体についてですが、タッチパネル対応で右側面にスクロールボタン赤丸)とサイドボタン青丸)の2つのボタンがあります。

スクロールボタンでは表示されている画面を拡大縮小したり上下にスクロールすることができます。

またサイドボタンではダブルクリックでSuicaの支払いができたり、長押しで電源オン/オフやSOS機能が使えます。

Apple Watch6とSEの簡易比較

Apple Watch6と大きいところの違いとしては、下記の5点になります。価格13,000円の差で他4点をどう思うかは皆さん次第ですが、わたしは断然SEの方が良いと思います。

なぜなら画面の常時表示はただでさえ消費が激しいApple Watchの充電を節約できますし、常時表示ではなくてもかるく腕を傾けるだけで簡単につきます。

また、血中酸素濃度測定については、異常な人は息苦しさや息切れが激しくなるので自分で異常なのがわかるのでわざわざ機能としてある必要がないかと思います。

心電図は現在日本では使用できないので機能が無いのに等しいです。(2021年初旬日本でも使えるようになりました。)

チップに関しては6はSEの1.2倍ですが、SEのチップは1つ前のApple Watch5のチップ同様でとてもサクサク動きますので、常に最新のがほしい人以外はSEの性能で十分です。

Apple Watch 6Apple Watch SE
画面の常時表示
血中酸素濃度測定
心電図測定
チップ(心臓部分)Series 6(5の1.2倍の性能)Series 5
価格(税抜)42,800円29,800円

使ってみて感じたこと

使って良いなと感じる点

  • 通知がすぐ分かる
  • Suicaの支払いがとてもスムーズ
  • 文字盤を気分によって変更できる+自分の写真を使ってアレンジもできる

使ってみて便利だなと思う大きいところは上記の3点です。

一番は通知機能であり、今回の購入の目的でもあったのでとても満足しております。

また、LINEや電話のみ通知くるのかなと思っていましたが、iPhoneに届く通知(YouTubeやスケジュール)すべてが届いて今まで以上に気付きやすくなったのでタイムリーに動けます。

Suicaの支払いに関してはとても楽になります!

iPhoneではわざわざロック画面を解除してから支払い画面になります。

Apple Watchでは横にあるサイドボタンをダブルクリックするだけで支払い画面になります。

セキュリティ面的にに危ないのでは?と思うかもしれませんが、Apple Watchを付け外しするたびにパスコードを求められますので安心です。

スマートウォッチの醍醐味かもしれませんが、文字盤を簡単にiPhoneで変更できますし、数多くデザインがあります。

また、文字盤の中の表示するもの(天気や降水確率、タイマーやボイスレコーダー)を好きに選ぶことができるので自分にとって1番使いやすいように組み合わせることができます。

これによりデザインに飽きにくく、スマホを取り出さずともApple Watchだけで完結することができるので便利です。

使ってみて気になる点

  • 充電をする手間
  • 運動記録・心拍数・睡眠機能の必要性
  • 1つのSuicaをアップルウォッチに連携したらiPhoneでは使用できなくなる

スマートウォッチあるあるですが、やはり普通の時計とは異なる点は充電が必要なことです。バッテリー持続の長いXiaomi(シャオミ)なら約2週間も持つので充電は気にする必要はありませんが、Apple Watch SEは長くても2日程度しか使用できないのでほぼ毎日充電する必要があります。

また、運動記録や心拍数、睡眠機能を使用してみましたが、よほどの健康オタクじゃないと必要はないです。

運動記録は1日どのくらいカロリー消費したか?や心拍数もその名の通り心拍数の記録を以下のように取られます。

また睡眠機能も睡眠の質が測れるのかなと思ったんですが、何時から何時まで寝たか記録されるだけでした。

その記録の為だけに腕に時計をつけて寝るのは邪魔です。それなら夜間に充電をしたほうがいいかもしれません。

また、使っていいなと感じるところでApple WatchでSuicaの支払いができるのは便利と記載しましたが、iPhoneからSuicaをApple Watchに連携させたらiPhoneでは使えなくなります。

もちろん、元に戻すことはできますが、1枚のSuicaをiPhone、Apple Watchどちらでも支払える状態にはならないです。

おすすめ機能とあったら便利なバンド等

おすすめの3つの機能

  • iPhoneを探す機能
  • ボイスレコーダー機能
  • 転倒した際のSOS機能

スマホを使っていてたまにスマホがなくなる!ってことありませんか?

そんなことがあってもApple WatchからiPhoneをよびだしができます

そこそこ大きめな音がiPhoneからでるので近場にあれば一発でわかります。

会社で議事録担当やハラスメント対策など録音したいけど手元にボイスレコーダーがあったらいいなと思いませんか?(笑)

Apple Watchなら画面からワンタッチでボイスレコーダーの画面を表示できます。

録音したい!って時は突然現れるものなので、すぐ対応できるのはめちゃくちゃ便利です。

転倒SOSはその名の通り「落下」「転倒」を検出して必要に応じて緊急連絡先に通知をしたり「119番」に通報されます。

健康機能はそんなに必要が無いかなと思った私ですが事故や突然の事件はいつ起きるのかはわかりませんので、そんなときApple Watchが自動で緊急通報してくれると自分の命を守ることにつながりますので万が一のことを考えるとあると便利な機能だと感じます。

バンドを変えるとどんなシーンでも

今回私が購入したのスポーツバンドで、おもに運動するときやプライベートでの使用が主になると思います。

Apple Watchのバンドっていろんな種類があってものによってはビジネスシーンでも使えますし、プライベートシーンでもよりカッコよくカスタマイズできます。

バンドはもちろん公式で買うことはできますが、Amazonや楽天でも色んな種類が安く売っています。

私もステンレスベルトを実際に購入してみました!

これならビジネスシーンはもちろん大丈夫です。

また、このバンドの良いところはサイズフリーであり磁石で好きなところで止めることができるので取り付けが楽です。

もう少しゴツメのバンドが好きなら下記のステンレスバンドのようなものあります。これならよりビジネス向けかもしれません。

カジュアル志向なら下記のような商品もあり、これならApple Watchの側面も保護しながら使うことができます。

高価なApple Watchには保護フィルムも必須アイテム

Apple Watch6よりも安いといっても約3万円するのでやはり大事に使いたいですし、できることなら傷もつけたくなくないですよね。いくら大事に扱っても予期せぬ動きによりいつどうなるかわかりません。なので保護フィルムはあったほうがいいと思います。

Apple Watchって画面のふちが丸み帯びているので結構フィルムの貼り付けが難しかったです。なので自信のない人なら数枚入りの商品を準備しておいたほうがいいかもしれません。わたしも2枚入りを買いました。

まとめ:アップルウォッチSEはコスパが良い?

結論ですが、機能面だけを考えてもiPhoneユーザーであればもっていて損はないです!

時計好きの私ですが、3万円で買える時計って結構安めの部類に入ります

もちろんデザイン性も高く、バンドの様々な種類があるので自分好みにできます。

時計機能はもちろん通知・天気機能、ボイスレコーダー等に加えて万が一のSOS機能もついていますので、私は購入して良かったと感じています。

時計好きな人、Apple Watch気になるけどどれを買えばいいか悩んでいる人は確実にApple Watch SEがコスパが高いので参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました